診療案内

診療時間

診療内容
午前診  
予防接種 - -
午後診 - - -
  • 午前診9:00~12:00
  • 予防接種14:00~16:00【事前予約制】
  • 午後診16:00~19:00
  • 休診日祝日(祝日でも診療する場合があります)
  • ◎初診の方でもオンライン予約ができます。
  • ◎medimo総合受付で、 駐車券/駐輪券と 領収書をご提示いただくと、2時間無料になります。

体調の悪いお子様を、できるだけ待ち時間なく診察させていただけるよう、予約診療を基本にしています。


一般診療(午前診・午後診)は、当日朝6時よりオンラインで予約が取れます。平日・土曜日は時間予約制日曜日は順番予約制です。ご予約なくご来院の場合は、長時間お待たせする場合がありますので、できるだけご予約の上、ご来院ください。


予防接種は、2ヶ月前から予約が可能です。ご希望の日時をご予約ください。予防接種の時間帯(14:00~16:00)にご来院が難しい場合は、午前診・午後診の 時間帯にも、若干の予約枠が設けてありますので、ご利用ください。

健診をご希望の方は、予防接種の時間帯に予約が可能です。オンラインで健診をご選択ください。


オンラインでのご予約がわかりにくい場合は、お電話でご相談ください。柔軟に対応いたします。


一般診療では、喘息、花粉症、食物アレルギー、低身長、夜尿症、赤ちゃんのスキンケアなども専門的に診させていただいております。どんなことでも、お気軽にご相談ください。

診療内容

高熱

cold_01.gif

季節ごとにウイルス感染症(インフルエンザ、アデノウイルスなど)が流行しますが、高熱が続くとき、あるいは活気がなく重症感がある場合は、肺炎、尿路感染症、髄膜炎などの細菌感染の可能性も考慮する必要があります。特に 乳児の細菌感染症は、急激に進行し、生命にかかわる敗血症 になることがあるため、注意が必要です。


当院では、高熱で活気の低下がみられるお子さんには、積極的に血液検査・尿検査を行い、細菌感染の可能性がないかを検査いたします。検査結果は約10分後にはお伝えでき、その結果をふまえ治療方針をご説明いたします。また、インフルエンザ、アデノウイルス、RSウイルス、マイコプラズマ、ヒトメタニューモウイルス、溶連菌などの迅速検査も必要に応じて実施し、発熱の原因と経過の見通し、再診の目安、入院の必要性、ご自宅での療養上の注意点などを、より具体的にご説明し、安心して帰宅していただけるように心がけています。

咳・鼻汁

cold_02.gif

咳がきつい場合は、マスクを着用しご来院ください(咳エチケット)。咳がきつくなる時間帯(昼間、夜間~早朝など)、咳の特徴(痰がらみの咳、ケンケン犬がほえるような咳など)をお伝えいただくと、 喘息、クループ などの診断と治療の参考になります。 鼻汁の量と色(透明、黄緑色)、鼻づまりの有無などもお伝え下さい。濁った鼻汁、鼻づまりがきつい時は、中耳炎になりやすく、涙目や眼脂の原因にもなります。中耳炎予防の観点から、積極的に鼻汁の吸引処置を行っています。数週間にわたり咳が続く場合は、喘息、副鼻腔炎の可能性もあり、必要に応じ血液検査、呼吸機能検査、呼気一酸化窒素濃度測定を行い、鑑別診断を行います。

下痢・嘔吐

cold_03.gif

下痢・嘔吐、腹痛でご来院される方は、症状の始まりから4~7日さかのぼって、 生肉、生卵、貝類の摂取 ミドリガメ との接触がなかったか、問診の際にお伝えください。細菌性食中毒が疑われる場合は、 便の培養検査 を実施いたします。また、便の色が白っぽい、赤い(血便?)の場合は、便をご持参ください。持参できない場合は、写真を撮ってご来院いただくと、診断の参考になります。 ロタウイルス が疑われる場合は、迅速検査をいたします。

発疹

cold_04.gif

ウイルス感染に伴う発疹はその特徴で診断は可能ですが、 蕁麻疹 の場合は数時間で消退することも多く、症状がきつい時の写真を撮って来院されると参考になります。また、食事を開始後5~30分で急に出現した場合は 食物アレルギー の可能性もありますので、食べたものをメモしてご来院ください。必要に応じてアレルギー検査を行います。


水泡をともなった発疹の場合は 水痘(水ぼうそう) の可能性があります。隔離室でお待ちいただく必要がありますので、来院時に受付でお伝えください。


喘息、花粉症、食物アレルギー、夜尿症、低身長、乳児の湿疹、臍ヘルニア(でべそ)なども専門的に診療しております。お気軽にご相談ください。


ページトップへ